ダンベル 筋トレグッズ

ダンベルの選び方を徹底解説!

投稿日:

ダンベルの選び方を徹底解説!

あなたはダンベルの選び方で悩んでいませんか?

ダンベルの選び方で失敗しないために!
ダンベルの選び方やコツをご紹介!

ダンベルは重さが変えられる可変式がおすすめ!

ダンベルのシャフトの種類の選び方!

あなたはどんなダンベルを買おうとしていますか?

ダンベルの選び方のコツは、重さを変えられる"可変式"を選ぶこと!

ダンベルトレーニングには様々な種類があるので、それぞれのトレーニングに合わせて重さを変えられるてとても便利!

ダンベルの選び方を間違えて重さを変更できない"固定式"にしてしまうと筋肉がついた時にさらに重いダンベルを買い替える追加コストが発生してしまう!

ダンベルのシャフトの種類の選び方!

ダンベルのシャフトの種類の選び方!

あなたはダンベルのシャフトをご存知ですか?

ダンベルの選び方で重要なシャフト(棒の部分)には、
プレートを固定するのにスクリュー式のものとレンチ式のものが一般的!

ダンベルの選び方は、安全のためにスクリュー式がおすすめ!

スクリュー式はストッパーが緩みにくくプレートが外れてしまう事故はまず起こりない!レンチ式はストッパーが一度緩んでしまうと一気にプレートが外れてしまう恐れが!

ダンベルのプレートの選び方

ダンベルのプレートの選び方

あなたはダンベルのプレートの素材の選び方がわかりますか?

ダンベルプレートの選び方は利便性や値段、安全性などを左右する重要な要素なので、とても重要な項目!

ダンベルプレートは"鉄+ラバーのカバー"が一番おすすめ!
鉄のプレートは安い分、床を傷つけやすく音もなりやすいので、ラバーで覆うのがおすすめ!

このダンベルの選び方のデメリットは、カバーをつけるのが少し大変、開封後はラバーの油のヌルヌルが人によっては気になるかも!
よく考えて購入しよう!

ダンベルの重さの選び方

ダンベルの重さの選び方

あなたはダンベルの重さの選び方をご存知ですか?

ダンベルの選び方の重要なもう一つのポイントが、重量!

ダンベルの選び方は将来的に筋肉がついてより重いダンベルもあげられることを考慮して、少し重めのセットを購入しよう!

ダンベルの重さの選び方の目安は、

女性⇒20kgセット(10kg×2)
男性⇒40kgセット(20kg×2)or 60kgセット(30kg×2)
くらいがおすすめ!

ダンベルの重さの選び方の注意点

ダンベルの重さの選び方の注意点

ダンベルの選び方で、少し重めのダンベルは不安!という方もいますよね?

ダンベルの選び方で最初のうちは重すぎるかもしれませんがトレーニングを継続していくと、筋力が高まり負荷が軽く感じるようになってくる!

重い重量は使わないだろうと思って軽めのダンベルを買ってしまうと、後々後悔する方が多い!

ダンベルの選び方で後悔しないためにも、少し重めを購入しよう!

ダンベルの拡張性の選び方

ダンベルの拡張性の選び方

あなたはダンベルの選び方で拡張性を忘れていませんか?
ダンベルの拡張性の選び方をご紹介!

ダンベルの拡張性の選び方とは、重量が物足りなくなった時、追加でプレートを買い足せるのか、将来バーベルを始めるときに併用できるのか、ということ!

ダンベルの選び方で、ダンベルのプレートが単品で販売されているのか
新たにプレートを加えられるくらいシャフトに余裕があるのかなどは確認しておこう!

おすすめの可変式ダンベル

おすすめの可変式ダンベル

あなたは、ダンベルの可変式の中でも、選び方に悩んでいませんか?
おすすめはダイヤル式ダンベル!

このダンベルの選び方のコツは、重さの変更が他のダンベルとは比較にならないほどスムーズに行えること!

ダイヤル式はただ回すだけ!
ダンベルの選び方は、便利さも追加するとストレスなく使えておすすめ♪

ダンベルの選び方を徹底解説!・まとめ

ダンベルの選び方を徹底解説!・まとめ

いかがでしたか?
ダンベルを選び方は

重さを変えられるか
ラバーがついているか
十分な重さがあるか

この3つがとても大切!

ダンベルの選び方は、重さを変えられるダンベルの方が長い目で見れば圧倒的に役立つ♪

-ダンベル, 筋トレグッズ

Copyright© 筋トレ&フィットネス図鑑 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.