ダンベル 筋トレグッズ

ダンベルの使い方を徹底解説!

投稿日:

ダンベルの使い方を徹底解説!

あなたはダンベルの使い方をご存知ですか?

ダンベルの使い方を正しく理解することで、効率よく筋肉を鍛えることができる!
ダンベルの正しい使い方鍛えたい部位別のダンベルの使い方をご紹介!

ダンベルの使い方の基本

ダンベルの使い方の基本

あなたはダンベルの使い方の基本をご存知ですか?

ダンベルの使い方の基本は、ダンベルを握って重力に逆らう動きをすることで筋肉に負荷をかけること!

ダンベルはフリーウェイトトレーニング!
ダンベルの使い方は"この筋トレメニューはどの部分の筋肉を使っているのか"を理解しながらダンベルを動かすことが基本!

ダンベルはただ振り回しても意味はない!

ダンベルの使い方のコツ!しっかり握る

ダンベルの使い方のコツ!しっかり握る

あなたもダンベルの使い方のコツを習得しよう!
ダンベルの使い方のコツ1 ダンベルをしっかりと握る!

ダンベルの使い方で握りが甘いと、ダンベルを落としたりしてしまい危険!
ダンベル筋トレが手首がグラついて上手くできない!

ダンベルをしっかりと握って手首はある程度固定するのがおすすめ!

ダンベルの使い方のコツとメリット

ダンベルの使い方のコツとメリット

あなたもダンベルの使い方のコツを覚えてダンベルの達人に!
ダンベルの使い方のコツ2 可動域を広くとる

ダンベルのメリットは両手がつながっていないので、バーベルやマシンよりも広く可動域を取れる点こと!

ダンベルの使い方を習得するまでは、ゆっくりとした動作でいいのでフォームや可動域を広くとることを意識しよう!

目的別ダンベルの使い方

目的別ダンベルの使い方

あなたもダンベルの使い方のコツを掴んで自分が望む筋肉に!
ダンベルの使い方のコツ3 筋肥大とダイエットで回数を変える

ダンベルで筋肥大してマッチョを目指すなら1セットを8~10回で限界の重さで行い1種目3セット以上行う!

ダンベルでダイエットや引き締目的なら12~15回が限界の重さで1セットを行い、同様に1種目3セット以上行う!

ダンベルで効率よく筋肉を大きくする

ダンベルで効率よく筋肉を大きくする

あなたもダンベルの使い方を覚えて効率よく筋肥大!
ダンベルの使い方のコツ4 部位ごとに日で分けて筋トレする

筋肉は、トレーニングで傷めつけられたあと、休息して、超回復という回復を経て以前よりも大きく成長!超回復は2~4日!

ダンベルの正しい使い方は超回復が完了するまでは同じ部位を鍛えないこと!
ダンベルの使い方でおすすめなのが、一週間のうち4日間をそれぞれ別の部位を鍛える方法!

ダンベルの使い方の注意点!

ダンベルの使い方の注意点!

ダンベルを使ってトレーニングをする前に!
ダンベルの使い方の注意!

ダンベルの使い方NGは"100回連続でダンベル運動!"のような効率の悪い高レップトレーニング!
成長してきたら回数を増やすのではなく、重さを増やそう!

ダンベルの使い方を間違えないコツは、ダンベルは重さが変えられるものを購入すること!

ダンベルの効果

ダンベルの効果

ダンベルの使い方のコツを覚えられましたか?
ダンベルの正しい使い方のダンベル効果をご紹介!

ダンベルの使い方を覚えたら、左右の筋肉を別々にトレーニング出来るため、弱い筋力を重点的にトレーニングできる!
ダンベルの使い方を正しく行うと、筋力のバランスが均衡に保たれやすい!

ダンベルの筋トレ以外の使い方

ダンベルの筋トレ以外の使い方

ダンベルは使い方によっては有酸素運動にもなる!
ダンベルの使い方の番外編をご紹介!

軽いダンベルを使い、弱い負荷で、筋力トレーニングの回数を増やす!

このダンベルの使い方は筋持久力の向上、心肺機能の強化に!
ダンベルの使い方を変えて有酸素運動にすると、女性はダイエットに効果的!

ダンベルの使い方を徹底解説!・まとめ

ダンベルの使い方を徹底解説!・まとめ

いかがでしたか?
ダンベルの使い方のコツさえ覚えたらすごく簡単♪
ダンベルの使い方を覚えたら、さっそくトレーニングを始めてみよう!

ダンベルの使い方しだいで、筋トレ効果やダイエット効果にもなる!
あなたにあったダンベルの使い方でトレーニングを続けよう♪

-ダンベル, 筋トレグッズ

Copyright© 筋トレ&フィットネス図鑑 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.