筋肉に必要な食材とは?

記事タイトルを入力

毎日の筋肉アップのためにたくさんのトレーニングを積んでいると思いますが、食事のほうはきちんと考えているでしょうか?
食材によっては筋力アップに必要不可欠な栄養素を含んでいるものもありますし、サプリメントでは補いきれない成分だってあります!
筋肉をより美しく強いものにするためにも、必要な食材などを調べてみました。

筋肉とは切っても切れない食材たち

見出しタイトルを入力

筋肉のお供として有名なのはやっぱりたんぱく質です。
プロテインなどでもタンパク質が豊富に含まれていますし、なにより筋肉を作っているのはタンパク質ですので、積極的に取りたい栄養素の一つです。
しかし、タンパク質ばかり摂取してしまうと、ほかの栄養素が欠如してしまいトレーニングでも十分な回復が見込めず、意味のないものになってしまいます。
そのため、必要なのはタンパク質を中心の食材で体を動かすためのエネルギーをしっかり確認することです。
食材はたくさんありますので、自分の食べられる範囲でメニューに組み込んでいきましょう。

筋肉を動かすための炭水化物

見出しタイトルを入力

炭水化物は筋肉のエネルギー源として使われる食材の栄養素です。
これがなければ筋肉を動かしてもすぐに疲れてしまいますし、トレーニングだって長続きしません。
また、主食としてカテゴリーされる炭水化物は適度な満腹感を与えてくれますので、ストレスをため込まないためにも必要です。
筋肉を動かすときにも、炭水化物を使い、タンパク質や脂肪を分解しますのでトレーニングには欠かせません。
食材でいえば、お米や穀物類に豊富に含まれています。

筋肉を作るためのタンパク質

見出しタイトルを入力

炭水化物は筋肉を動かすためのいわば燃料のようなものですが、そもそも筋肉を組成しているのはタンパク質です。
筋肉だけでなく、血液や骨、皮膚など人間の大部分を作り出す栄養素になっています。
タンパク質が不足すれば新しい筋肉を作ることができなくなってしまうので、いくら筋トレしてもただただ疲れるだけになってしまいます。
食材でいえばお肉が一番のたんぱく源です。
お肉以外の食材だと、豆腐などがあり、スーパーなどで手軽に買うことができますね。
摂取しすぎると体脂肪になってしまうので、食べすぎは禁物です!

体の調子を整えるビタミン

見出しタイトルを入力

筋肉がアップしても、体が不健康のままでは意味がありません。
そこで、ビタミンの摂取が重要になります。
ビタミンは食材でもたくさん含まれているのですが、その種類もたくさんあり、それぞれに効果が違います。
食材によって含有率は違いますが、ビタミン類はほとんど入っているので、野菜や果物などの食材を取り入れるようにしましょう。
あまり食べられないという人はサプリメントで補うのもよいですね♪

体の基礎を作るミネラル

見出しタイトルを入力

ミネラルという言葉はいろいろな場面で見ると思いますが、ナトリウムやカルシウム、マグネシウムなどの多量ミネラル、亜鉛、鉄などの微量ミネラルを総称してミネラルといいます。
ミネラルという成分があるわけではないので注意しましょう。
筋肉を作るうえでは、ミネラルは必要で、血液や骨を作るのにも役立ちます。
また、ミネラルは体の中では決して作り出されませんので、外部から摂取する必要があります。
筋肉を作るにあたっては、特に亜鉛や鉄、カルシウムは欠かせないので、積極的にメニューに食材を取り入れるようにしましょう。
食材としては、ホウレンソウなどの緑黄色野菜、貝類などにふんだんに含まれています。

体にうるおいを与えるための脂質

見出しタイトルを入力

脂質は炭水化物以上に人間の体には大敵といわれていますが、摂取をしなくなると体に害が及びます。
特に筋肉をつけるために行うトレーニングでは、脂質をとることで長期間続けることができるようになります。
また、ビタミンの吸収を助ける効果もあるので、取っておきたい栄養素です。
食材では、ナッツ類や肉、魚介類がおすすめです。
特に肉類はビタミンやタンパク質などほかの栄養素も一緒に補うことができるので、できるだけ取り入れたい食材です。

投稿日:

Copyright© 筋トレ&フィットネス図鑑 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.