筋トレ豆知識

筋トレ後のアルコールはどうなの?

更新日:

筋トレ後のアルコールはどうなの?

風呂上がりのビール、仕事終わりのビール、そして筋トレ後のビールというのはやっぱり最高だと思います。
筋トレなどの運動後の一杯が楽しみで筋トレに励んでいる方もいるかもしれません。
ただ、気になってくるのはアルコールは筋トレにおいて影響はないのか、ということです。

アルコールを摂取すると筋トレの効果がなくなったり、脂肪が増えたり、筋肉が分解されてしまうのではないかなど気になることも多いと思います。
そのような疑問に答えていきたいと思います。

アルコールは筋トレに悪影響

アルコールは筋トレに悪影響

結論としては、アルコールは筋肉に悪影響があります。
というのも、アルコールを摂取することで筋肉に必要不可欠なホルモンであるテストステロンの分泌量が低下します。

テストステロンは男性ホルモンの一種であり、筋トレをしている人にとって極めて重要なものです。
このホルモンは、脂肪を減らし、同時に筋肉の合成を促進させてくれるとても魅力的なホルモンです。
スポーツにおけるドーピングは、このテストステロンの量を増やすために行われるのですが、そのことからもテストステロンの重要性というのはとてもよくわかると思います。

このホルモンをいかにコントロールするのかによって筋トレの効果の出方は変わります。
お酒を飲むと、このテストステロンの量が減少しますのでもう悪循環です。

さらに、ビールにはナリンゲニンと呼ばれる成分が含まれており、これもまたテストステロンの分泌量を減少させる作用がありますので、ビールは特に気を付けましょう。

【筋肉増強!】
話題のHMB2000mg配合!!

コルチゾールによる影響

コルチゾールによる影響

アルコール摂取によって分泌されるコルチゾールというホルモンがあります。
このホルモンは筋トレをしている人にとって大敵となるホルモンです。
筋肉を分解して、脂肪合成を促進してしまいます。

このコルチゾールはストレスによっても多く分泌されます。
例えば、月に100時間の残業をするとストレスなどによって筋肉は十分に成長できなくなってしまう可能性があるのです。

これら2つの理由によってアルコールは筋肉に悪影響を及ぼすと考えられるのです。
残念ではありますが、事実なのです。

アルコールが筋トレに影響しないようにするには

アルコールが筋トレに影響しないようにするには

アルコールが筋肉に影響しない条件が実はあります。
問題は、アルコールの摂取量です。
アルコールを摂取すると前述したように体に影響が出ますが、アルコールの摂取量、筋肉量、筋トレへの影響について詳しく調べた研究があります。

体重×0.5gまでのアルコール量なのであれば、筋肉への影響はないと言われています。
また、脂肪増加などの影響も見られないのです。

目安としてはだいたい中ジョッキ1杯で500ml程度だとして、20gのアルコール量が含まれています。

おつまみに注意

つまみに注意
お酒を飲む時は、おつまみを食べないようにしてください。
アルコールを飲むと、肝臓はアルコールの分解に忙しく他のことには手が回りません。

シメのラーメンなどは最悪です。
どうしてもおつまみがなければ飲めないというのであれば、糖質ができるだけ少なく、脂質の低いものを選ぶようにしてください。

アルコールと上手に付き合うコツ

アルコールと上手に付き合うコツ

アルコールと上手く付き合って、筋トレもしっかりと取り入れるようにしましょう。
週に2回程度であれば、筋肉に対して特に大きな影響はないと言われています。

ただ、アルコールを飲みながら食べるもの、アルコールを摂取するならその量などを必ず意識しておくようにしてください。
そうすることで、アルコールを楽しみながら、しっかりと筋トレの効果を高めることができます。

-筋トレ豆知識

Copyright© 筋トレ&フィットネス図鑑 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.