筋トレフォームが筋トレの効果に直結する?

筋トレフォームが筋トレの効果に直結する?

筋トレはフォームがなによりも重要です。

筋トレを行う上で筋トレフォームは非常に大切なことで、
崩れた筋トレフォームを続けていると思っているような効果を実感できないことが多いです。

MAX重量を上げたい気持ちばかりが先走ってしまい
無理やり挙げたい重量などがあるとついつい筋トレフォームが悪くなってしまうんですよ。
ですが、トレーニングを急ぎ、崩れた筋トレフォームで続けたとしても意味がないのです。

時間ばかりが過ぎて、筋トレを長期間しているのにほとんど効果が得られない…
そのようなことにもなってしまいますので、筋トレフォームを確認しておきましょう。

・上半身と下半身の筋トレフォームは正しく

・上半身と下半身の筋トレフォームは正しく

上半身と下半身の筋トレ種目には様々あります。

上半身ならプルオーバー、ダンベルプルオーバーなどがあります。

下半身ならノーマルスクワット、ワイドスタンス・スクワット、
シングルレッグスクワットがあります。

これらの上半身、下半身の筋トレにおいては、
筋トレフォームを必ず意識しなければなりません。

筋トレフォームが乱れていると、
狙った部位に対して負荷をしっかりとかけることができません。
そのため、筋トレフォームを十分に意識しておいてくださいね。

・筋トレのフォームは体の調子が悪い時こそ実践

・筋トレのフォームは体の調子が悪い時こそ実践力

最近上達速度が速いと感じることもあれば、全然調子が上がらないこともあると思います。

良いペースでMAX重量が上がっている、という時もあれば、
いくらトレーニングをしても調子が上がらないこともありますよね。

筋肉量はトレーニングと休養を繰り返すことで少しずつ向上しますので、
目標を達成するまでに時間がかかります。

調子の悪い時には、無理をして重量を上げていこうとせずに、一度筋トレフォームを確認してみてください。

・メインセットが挙がらなくなった時に筋トレフォームチェックを

・メインセットが挙がらなくなった時に筋トレフォームチェックを

定期的にジムに通いなどをしていると、体も心もトレーニングに対して慣れが生じてしまいますので、
本来は限界ではない回数を限界と思い込んでセットを終了してしまうことがあるのです。

繰り返し動作ですので筋トレフォームが崩れていても気づかなかったり、
静止すべきタイミングで静止することなく次の動作に移ってしまったり、
適切な箇所に負荷を与えられなくなりますよ。

メインセットで挙げられる回数が低迷した時に発生する現象ですので、無意識にやってしまっているようです。

回数が向上しないような時には、筋トレフォームが乱れている可能性が非常に高いですのでかならず確認をしておきましょう。

・筋トレフォームのチェック方法は?

・筋トレフォームのチェック方法は?

筋トレフォームのチェック方法ですが、最も理想的なのはトレーナーさんに補助をしてもらう、ということです。

専門知識を持っており、的確にフォームの乱れに気付いてくれるトレーナーさんであれば、
フォームの悪い部分をしっかりと指摘してくれます。

しかし、ジムに通っていなければなかなかトレーナーに
筋トレフォームチェックを依頼することもできません。

そのような場合には、理想的な筋トレフォームを家族や友人に確認してもらい、
そのうえで自分の筋トレフォームをチェックしてもらいましょう。

自分で筋トレフォームをチェックするのももちろんOKです。

バーベルやダンベルを正しいポイントで適切に静止させてください。
そして時間をじっくりとかけて焦らずに動かします。

1回1回を正しくやることを意識してくださいね。
この場合には回数は全く考える必要はありません。

重量が重すぎると筋トレフォームが乱れてしまいますので、
重量はメインセットの50%程度にしてください。

また、負荷がかかりすぎると筋トレフォームが乱れやすいので、
インターバルは長めにとってください。

これらのポイントを意識したうえで焦ってしまったり、
急いでしまったりといったことがないようにしてください。

更新日:

Copyright© 筋トレ&フィットネス図鑑 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.