時間や頻度 筋トレの基礎

筋トレを行う時間帯についての重要性

投稿日:

筋トレを行う時間帯についての重要性
筋トレを始めている人、これから始めようとしている人は「筋トレに最適な時間帯」を考えたことはありますか?

筋トレにも適している時間帯とそうでない時間帯があります。
時間帯を間違ってしまうと、効果が半減してしまうだけでなく、思わぬ症状が発生したりする危険性があります。

これからメニューを立てる人も、ぜひ参考にしてみてください!

どうして時間帯を考える必要があるの?

どうして時間帯を考える必要があるの?
筋トレをする人はできるだけ空いている時間帯にトレーニングしようと考えるはずです。
その空いている時間帯は多くの人が仕事終わりの夜7時~というものになるでしょう。

実はこの時間帯は筋トレにはやや適しているといえます。
「やや」というのは、これよりももっと適した時間帯があるからです。

時間帯を考えるだけでいつものトレーニングがさらにランクアップしますよ!

筋トレに最適な時間帯は15時~19時

筋トレに最適な時間帯は15時~19時
タイトルでは具体的な時間帯を出していますが、季節によって体の動き加減が変わりますので、自分の体の感覚を確かめながら早めたり遅くしたりするのをおすすめします。

さて、この15時~19時という時間帯ですが、これにはちゃんとした理由があります。
それは自律神経の関係です!
自律神経は交感神経と副交感神経があり、そのどちらも体に大きな影響を与えています。

筋トレの際は体をいつもとは違う動きをさせるので、自律神経が安定している時間帯がおすすめになるというわけです。
時間帯としては、昼過ぎから夕方・夜になるくらいで、朝起床してから一日をすごし、体が落ち着いてリラックスしている状態です。

朝の筋トレに考えられる影響

朝の筋トレに考えられる影響
筋トレを朝起きて行うという人もいるかもしれません。
仕事前に汗を流すというのはなんだか健康的にも思えますが、筋トレの観点からはNGです。

なぜなら起床直後は交感神経が高ぶり、体への負担が大きくなります。

ジョギングやウォーキングなどの軽い運動程度にすれば体を目覚めさせるきっかけになりますが、筋トレになると体を痛めてしまったり、血管や心臓に重い負担をかけてしまいます。
時間帯の中でも朝はやめておきましょう。

就寝前の筋トレに考えられる影響

就寝前の筋トレに考えられる影響
寝る前の1時間で筋トレをして、汗を流してから寝るという人もいます。
筋トレで適度に疲れた体にすることで眠りやすくする目的もあるようですが、これもおすすめできません。

その理由としては、筋トレによって体内では交感神経が活発になってしまいます。
これにより、疲れて入眠はできても脳内ではリラックスできておらず、質のいい睡眠ができなくなるからです。

時間帯によっては寝る時間が遅い人もいるかもしれませんが、とにかく筋トレ後すぐに寝るというのはあまりいいものではありませんし、次の日に疲れを残す原因芋なってしまい餡巣。

食事前・後は絶対に禁止

食事前・後は絶対に禁止
とてもおなかが減っていたり、おなかがいっぱいの状態での筋トレは絶対に避けましょう。
まず、空腹時ですが、空腹時はそれだけ体内にエネルギーが残っていないことを体が主張しているわけですから筋トレに必要な燃料がなく、満足のいくトレーニングができなくなってしまうためです。

そして、食事をとった後の筋トレもおすすめできません。
筋トレはできるだけ自律神経が安定した状態で行ってほしいものです。

満腹になっていると、リラックスした状態になっていて、思わぬケガや事故につながります。
そもそも満腹の状態で筋トレをしたら気持ち悪くなってしまうこと間違いなしです。

時間帯の中でも「食前・食後」は避けるようにしましょう。

時間帯を決めたトレーニングをさらに質をアップさせる


筋トレを始めたばかりのころでは空いている時間帯に始めるのも一つの方法ですが、慣れてくればさらに質の向上を求めて時間帯を気にしてみてはいかがでしょうか?

時間帯一つ変えるだけで一日がとても濃密なものになりますし、筋トレの効能もアップすること間違いなしです。

これまで思いついたときに筋トレをしていたというひとも、これを機会に時間帯を変えてみてはいかがでしょうか?

-時間や頻度, 筋トレの基礎

Copyright© 筋トレ&フィットネス図鑑 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.