クレアチン サプリメント

クレアチンが筋肉に与える効果は?

投稿日:

クレアチンが筋肉に与える効果は?

クレアチンは筋力をアップさせるうえで欠かすことができません。

パワー、引き締まった筋組織への効果が科学的にも実証されていますので、アスリートはもちろん、重量挙げなど筋肉に高い負荷をかけることの多いひとにとって必要不可欠なのです。

クレアチンってなに?

クレアチンってなに?

そもそもクレアチン冬に海外の自然生成される窒素含有有機化合物です。
大部分は肝臓で生成されます。
腎臓や膵臓とも少量ですが生み出されます。

クレアチンはアミノ酸のグリシン、アルギニン、メチオニンの3つを使用して一日あたり1グラムから2グラムという割合によって生成されています。
クレアチンはそのうちの約98%が骨格筋内に貯蔵されます。

クレアチンは食事から摂取できる?

クレアチンは食事から摂取できる?

クレアチンは食事にアクセスすることもできます
平均的な人は1日に1グラムを魚や肉から摂取しているのですが、 クレアチンの食事による供給が増えることによっクレアチン酸の筋肉内における貯蔵量の増加に大きく役立ちます。
これがとても重要なことなのです。

クレアチンですが、短期的な高強度運動のエネルギー生産において非常に重要な役割をしています。
CPは、アデノシン二リン酸 (ADP) をサイドリン酸化します。
そうすることでアデノシン三リン酸 (ATP) を形成するうえでの基本として使用されます。

体内で自然に存在するCPを通して、またはクレアチンを補給することで、ADPからATPへの変換がよりスムーズに行われれば激しい運動によって消費するエネルギーも大きくなります

クレアチンの供給によって筋肉内におけるCP貯蔵量をアップさせることによってパフォーマンスを高めることができるホスファゲン/非乳酸性エナジー機構への効率的な燃料補給ができるのです。

運動パフォーマンスに対するクレアチンの効果や効能

運動パフォーマンスに対するクレアチンの効果や効能

国際スポーツ栄養学会発表というものがあります。
この発表によれば、クレアチンは高強度運動の能力、そして筋肉量の増加を目的としたトレーニングをしているアスリートが仕様できる、ものの中でも最も効果的であり身体機能を向上させられるものであるとされています。

プロ野球サプリメントの分娩に対する行動を研究した論文と、小論文のトレーニング高強度運動のパフォーマンスを向上させる為につけられているんです。

薬臨床研究会はクレアチンをコピーすることにより、30秒間の暗黒スプリント思い出平均タイムと、耐疲労性の向上が見られるという結果が示されているのです。
ただ、1度だけのスプリントにおいてはそこまでプラスとなる結果は得られていないのです。

90秒以上長期的な運動に対しての効果も決定的なものではありませんが、体内における有酸素性エナジー機構に対する影響というのはそもそも少ない。

短期的なクレアチン摂取で仕事量と反復回数の総量における運動でパフォーマンスを高める効果が見られるのです。

クレアチン補給と抵抗トレーニングを組み合わせたことによる長期的な適用においては運動パフォーマンスの向上や筋肥大に対して効果を得られるんですよ。

クレアチンの摂取量・飲み方は?

クレアチンの摂取量・飲み方は?
クレアチン摂取の頻度とタイミングについて考えてみましょう。
これはどのくらいの間隔で、どのタイミングで使用するのか、ということです。

クレアチンを使用する場合にはローディングというものがすすめられます。
1日につき20g、4回クレアチンを摂取しつづけることです。
これを5日続けた後に、1日4gから10gというメンテナンス段階に移行するのです。
そうすることで効率よくクレアチンを体内に満たすことができます。

クレアチンを使用することで、筋トレにおけるパフォーマンスを向上させることができるので、より高負荷な筋トレが可能になります。
また、筋トレにおけるパフォーマンスを向上させ、さらにHMBを摂取することで筋肉量の増加を促進し筋肉量の低下を抑制しますので、効果的な筋肥大を実現できるんですよ。

-クレアチン, サプリメント

Copyright© 筋トレ&フィットネス図鑑 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.