筋トレ豆知識

アルコールが筋トレに及ぼす影響とは!?

投稿日:

お酒が筋トレに及ぼす影響とは!?

筋トレを頑張ってたくさん汗を流した後に飲むお酒は最高に美味しいと思います。

アルコールは摂らないほうがいいんだろうなと思いつつもついつい飲んでしまいますよね。

しかし!筋トレ後のアルコールはせっかく筋トレした体にかなり悪影響を及ぼしてしまうのです!

それでは、アルコールは筋トレにどのような悪影響を及ぼすのでしょうか。

早速見てみましょう!

アルコールはテストステロンの分泌を抑えてしまう!

アルコールはテストステロンの分泌を抑えてしまう!

筋トレをすることで分泌される男性ホルモンに「テストステロン」というホルモンがあります。

テストステロンには、筋肉を増やして体脂肪を燃焼させるスゴい効果がありますが、

アルコールを摂取するとテストステロンの分泌が抑えられてしまうのです!。

しっかり筋トレするほどに分泌の量が増えるテストステロンですが、その後にアルコールを摂取してしまうとその努力も台無になってしまいます。

筋肉を増やして脂肪を燃やす以外にも、テストステロンはあなたの心と体にとてもいい影響をもたらします。

アルコール摂取でコルチゾールの分泌が増えてしまう!

アルコール摂取でコルチゾールの分泌が増えてしまう!

テストステロンの分泌量にブレーキが掛かるのに加え、「コルチゾール」と言うホルモンの分泌量が増え始めます。

アルコールを摂取することによって分泌されるコルチゾールには、筋肉を分解して体脂肪を蓄える働きがあるので、

テストステロンの減少と合わせて筋トレの効果を打ち消してしまいます。

内臓脂肪の蓄積が進むと、筋トレの効果を無かったことにしてしまう『ぽっこりお腹』の原因になります。

アルコール摂取で肝臓が悲鳴をあげる!

アルコール摂取で肝臓が悲鳴をあげる!

アルコールを分解する為に働く内臓と言えば肝臓ですが、実は筋トレで疲れた筋肉を修復するためにせっせと働いているのも肝臓なのです!

特に筋トレ後は筋肉の修復作業が盛んに行われているので、そこにアルコールの分解までさせようとすれば、

もちろん効率は下がり肝臓の負担を倍増させることになります。

アルコール分解でタンパク質減少!

見出しタイトルを入力

筋トレで破壊された筋肉を成長させる為に必要な栄養素で代表的なものと言えばタンパク質です。

アルコールのせいで、筋肉に必要なタンパク質の合成などの仕事が後回しになってしまうのです。

実はタンパク質はアルコールの分解にも必要な為、お酒を飲むと体内でかなり消費されていきます。

筋トレをしている人には1日に大量のタンパク質が必要ですが、アルコールを摂取すると分解の為に必要量が増えるので、

効率よく筋肉に栄養が届けられなくなってしまいます。

筋トレした日はアルコールを摂らない休肝日に!

見出しタイトルを入力

筋トレした後にお酒を飲みたくなる気持ちをぐっと抑えましょう!

せっかく筋トレしたことが台無しになってしまいます。

どうしても飲みたいのであれば、飲みすぎず、しっかりと考えた飲み方をしましょう!

-筋トレ豆知識

Copyright© 筋トレ&フィットネス図鑑 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.