下半身 筋トレメニュー

おしりの筋トレ方法を徹底解説!

更新日:

おしりの筋トレ方法を徹底解説!

あなたは美しいおしり"美尻"を手に入れたくないですか?

筋トレでおしりを鍛えてキュッと引き締まった魅力的なおしりを作ろう!
おしりの筋トレ方法やコツをご紹介!

おしりの筋肉

あなたはおしりの筋肉の種類をご存知ですか?
筋トレでおしりを鍛える前に、おしりの筋肉の種類をご紹介!

おしりの筋肉は大殿筋、中殿筋、小殿筋の3つで構成!

大殿筋はお尻全体を覆う一番大きな筋肉!お尻をキュッと引き上げる部位♪
中殿筋はお尻の上側についている筋肉!綺麗な形のお尻を作る部位♪
小殿筋はインナーマッスル!体のバランスなどを保つ役割♪

おしりの筋トレで、どの部位もバランスよく鍛えよう!

おしりを鍛える時におすすめの筋肉!

あなたはおしりの筋トレをしてヒップアップしたいですよね?
おしりの筋トレの時に、一緒に鍛えるともっとヒップアップに繋がる筋肉をご紹介!

おしりの筋トレをする時は、ハムストリング(太ももの裏側)も一緒に鍛える!

おしりの筋トレと一緒にハムストリングも鍛えると、太もも裏が引き締められてますますヒップアップ効果があがる!

おしりの筋トレは、ハムストリングも一緒に鍛えてヒップアップ!

ブルガリアンスクワット

ブルガリアンスクワット

筋トレでおしりを鍛える方法をご紹介!
ブルガリアンスクワットのやり方☆

まずはベンチや椅子等、足を乗せても大丈夫な台を用意。
片足の甲を台に乗せる。
もう片方の足はヒザを90度に曲げてもつま先より前にヒザが出ない位置に置く。(台から60cm~90cm開くのが目安)
前足のヒザを曲げてゆっくり腰を下ろしていく。ヒザを90度曲げることを目標に!
ゆっくりと元の位置に戻る。
反対側の足も同様に行う。

20回×3セットを目安に行う☆

筋トレでおしりを鍛えるブルガリアンスクワットのコツ!
体を落とした時にヒザがつま先よりも前に出ないようにすること!

サイドランジ

サイドランジ

筋トレでおしりを鍛える方法2つ目をご紹介!
サイドランジのやり方☆

肩幅程度に足を広げ、背すじを伸ばす。
片足を肩幅の2倍ほど横に踏み出し、体重を移行しながらゆっくりとしゃがんでいく。
この時、股関節を曲げた結果ヒザが曲がるように意識する。
内ももがしっかり伸びることを目安にしゃがみ込む。
かかとに力を込めるようにして上体を起こしていく。
同じ足を連続、もしくは交互に行ってもOK!

15回×3セットを目安に行う☆

筋トレでおしりを鍛えるサイドランジのコツ!
腰をしっかりと落とすこと!

マウンテンクライマー

マウンテンクライマー

筋トレでおしりを鍛える方法3つ目をご紹介!
マウンテンクライマーのやり方☆

腕を肩幅に広げ、腕立て伏せの状態に。
体を真っ直ぐにして、片足がお腹の下に来るように蹴り上げる。
すぐに逆の足がお腹の下に来るように、足を入れ替える。
この時、腰が浮かないように気をつける。
体を真っ直ぐに保ったままこの動作を繰り返す。

20回×3セットを目安に行う☆

筋トレでおしりを鍛えるマウンテンクライマーのコツ!
頭からお尻までが常に一直線上で結ばれるようにすること!

バックキック

バックキック

筋トレでおしりを鍛える方法4つ目をご紹介!
バックキックのやり方☆

まず床に四つん這いの状態になる。
次に、片方の足を後方へ蹴り上げる。馬が後ろ足で蹴りを出すようなイメージ!
蹴った足を戻していく時、膝が床につかないようにゆっくりと戻す。
片方の足が終わったら、もう片方の足をやる。

20回3セットを目安に行う☆

筋トレでおしりを鍛えるバックキックのコツ!
脚に意識が行ってしまわず、お尻に意識をもっていく!

レッグプレス

レッグプレス

筋トレでおしりを鍛える方法5つ目をご紹介!
レッグプレスのやり方☆

腰幅に足を開き、ボードに足裏全体をつける。
足でボードを押し上げる。
脇のセーフティーバーを解除する。
自分の膝がしっかり腹部にあたるよう降ろす。
腰が浮かないように意識する。
かかとに体重をのせて、膝を伸ばす。この時伸ばしきらないように注意!

7回×5セットを目安に行う☆

筋トレでおしりを鍛えるレッグプレスのコツ!
膝を曲げたときにお尻が浮かないようにすること!

おしり以外の下半身の筋トレ方法が知りたい方は、こちらもチェック!→下半身の筋トレを徹底解説!

-下半身, 筋トレメニュー

Copyright© 筋トレ&フィットネス図鑑 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.