サプリメント プロテイン

プロテインの効果をわかりやすく解説

投稿日:

プロテインの効果を高めるには?HMBとの相性・効果は?

プロテインの効果を高めるには?HMBとの組み合わせる効果は?
プロテイン、HMB、クレアチンなど色々なサプリメントを飲んでいるものの、期待しているような効果を得られない…

そのように悩んでいる方もとても多いと思いますがサプリメントの種類飲むタイミングを正しく理解することによって解消できる可能性があります。

また、HMBとプロテインの組み合わせなど正しい組み合わせ方によってより効率よく筋肥大を目指せるのです。

筋力アップをするのか、増量をするのかなどトレーニングによって目的は異なります。
それと同じようにプロテインやHMBなど摂取のタイミングも違えば摂取すべきものも違うのです。

プロテインの効果は?

プロテインの効果は?
筋力アップにおいて最も一般的なのがプロテインです。
アミノ酸は筋肉を合成して今よりもさらに強くするために欠かせません。
すばやく体に吸収されるため、筋肉の疲労を軽減する効果もあるのです。

HMBやプロテインは筋繊維を補修し、新しい筋肉を作り出す上で非常に役立ちます。
それに対しクレアチンは筋肉を強くするだけではなく、一瞬で筋肉の力を凝縮させるような無酸素運動に効果的です。

それぞれ適した目的、種目が異なり吸収速度も異なりますので、最大の効果を得るためには飲むタイミング、組み合わせが非常に重要なのです。
プロテインとHMBは、トレーニング後に同時に摂取することで、HMBのメリットである吸収速度を活かすために、HMBを飲んでプロテインを飲むようにしてください
トレーニング終了後はすぐHMBを摂取して、その後5分程度間をあけてからプロテインを飲むようにしてください。

プロテインとクレアチンの組み合わせ

運動後はプロテインだけでなく糖質も
プロテインとクレアチンを摂取する場合には、摂取の時間を空ける必要はありません。
ただ、糖質がブレンドされているプロテインの場合、プロテインを先に摂取してください。

クレアチンは、糖質を摂取した時に分泌されるインスリンによって筋肉に効率よく運ばれますので、糖質を先に摂取するのが効果的なのです。

クレアチンとHMBを組み合わせてプロテインを摂取しない場合には、お互いの吸収速度を阻害することはありません。
そのため、同時に飲んでも良いですし、順番が前後したとしても問題はありません。

しかし、吸収の早いHMBはトレーニングと絡めるようにして飲むのがおすすめです。
そしてクレアチンはインスリンの分泌量が増加する食後に飲むというのは最も効果を実感しやすくなるタイミングなんですよ。

運動後はプロテインだけでなく糖質も

運動後はプロテインだけでなく糖質も
運動後は糖質を含んでいるものを意識して摂取するようにしましょう。

これは運動後にタンパク質と糖質が含まれているものを摂取することで筋肉の回復をよりスピーディにすることができるんです。
筋トレの後に筋肉痛になったり筋肉の損傷部分を修復しやすくなります。

プロテイン自体に糖質がブレンドされているものも販売されているんですよ。
成分表示をチェックしたうえで使い分けるというのもおすすめですよ。
クレアチンは糖質を摂取したあとが吸収されやすいですので、プロテインだけでなくクレアチンも摂取するのであればフルーツジュースで飲むのがおすすめです。

プロテインは寝る前にも飲もう!

プロテインは寝る前にも飲もう!
睡眠中に分泌される成長ホルモンは筋力アップに欠かせません。

プロテインをこのタイミングで摂取しておくことで、筋肉がしっかりと修復されて、新しい筋肉がしっかりと合成されます。

就寝前のプロテイン補給も忘れないようにしてください。

プロテインでさらなる筋力UP!

プロテインでさらなる筋力UP!
さらなるウェイトアップをするためには、相応のタンパク質をしっかりと補給してください。

タンパク質を体内に一度に吸収できる量は限界がありますので、こまめに補給を意識してください。

プロテインをしっかりとこまめに摂取すること、そしてクレアチンやHMBなどプロテインとの相性のよいサプリメントを補給することで、より高い筋肥大効果を期待することができますので試してみてはどうでしょうか。

筋トレや運動による負荷が大きければ大きいほど、プロテインやHMBといったサプリメントを意識して摂取してみてください。

-サプリメント, プロテイン

Copyright© 筋トレ&フィットネス図鑑 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.