ダンベル 筋トレグッズ

プッシュアップバーの使い方を徹底解説!

更新日:

プッシュアップバーの使い方を徹底解説!

あなたはプッシュアップバーの使い方をご存知ですか?

プッシュアップバーの使い方を正しく知っていると、より筋肉を効率よく鍛えられる!
プッシュアップバーの使い方やコツをご紹介!

プッシュアップバーで鍛えられる部位

プッシュアップバーで鍛えられる部位

あなたは、プッシュアップバーで鍛えられる筋肉をご存知ですか?

プッシュアップバーは、胸(大胸筋)、二の腕(上腕三頭筋)、肩(三角筋)、腹筋など、たくさんの部位を鍛えることができる万能トレーニング器具!

プッシュアップバーの使い方を覚えると、上半身のトータルトレーニングができる!
プッシュアップバーの使い方を覚えて、理想の上半身を手に入れよう!

プッシュアップバーとは?

プッシュアップバーとは?

プッシュアップバーの使い方は、基本的には通常の腕立て伏せと同じ!
プッシュアップバーの使い方のコツは、フォームを崩さないこと!

プッシュアップバーは通常の腕立て伏せよりも負荷が強くなるので、それに負けないように!

プッシュアップバーの使い方のコツを掴んで、しっかり筋肉を鍛えよう!

プッシュアップバー手の使い方

プッシュアップバー手の使い方

プッシュアップバーの手の使い方をご存知ですか?
プッシュアップバーの使い方のコツは、手の位置に注意すること!

プッシュアップバーの手の使い方によって負荷のかかる位置が変わる!

手幅は、狭くすると上腕三頭筋に、広くすると大胸筋に効きやすくなる!
広くしすぎても効かせにくくなるので、肩幅の1.5倍程度がおすすめ!

プッシュアップバーの使い方を軽くハの字になるようセットすると、ダイレクトに大胸筋を刺激することができる!

プッシュアップバー手の使い方の注意点

プッシュアップバー手の使い方の注意点

プッシュアップバーの手の使い方の注意点!

プッシュアップバーの使い方で大切なのは位置は胸の横にセットすること!
プッシュアップバーが肩の位置になると、肩への刺激が強くなってしまう!

プッシュアップバーの手の使い方の注意点を守って器具が胸の横らへんに来るように注意しよう!

プッシュアップバーの体の使い方

プッシュアップバーの体の使い方

プッシュアップバーの体の使い方をご紹介!
プッシュアップバーの体の使い方は、体をまっすぐにすること!

プッシュアップバーの体の使い方でよくやりがちなのが、お尻が落ちてしまうパターン!お尻が落ちてしまうと可動域が狭くなって、負荷が逃げてしまうから要注意!

プッシュアップバーの体の使い方のコツは、腹筋を使ってお尻を上げて、しっかり体を支えること!

プッシュアップバーの肩の使い方

プッシュアップバーの肩の使い方

プッシュアップバーの肩の使い方をご存知ですか?
プッシュアップバーの肩の使い方は、肩甲骨を寄せること!

プッシュアップバーの肩の使い方の大胸筋に効かせるポイントは、胸を張ること!
特に体を下ろす時に、肩甲骨を寄せる意識を持つ!

プッシュアップバーの肩の使い方のイメージは、肩甲骨でモノを挟むような感じで、肩甲骨と腕がM字のように!

逆に、肩甲骨が寄らずに、ただ下に下がるだけだと腕にしか効かないので要注意!

プッシュアップバーの効果的な使い方

プッシュアップバーの効果的な使い方

プッシュアップバーを最大限に生かす使い方をご紹介!
プッシュアップバーの効果的な使い方床ギリギリまで落とすこと!

プッシュアップバーの使い方の最大の利点は、可動域を広くできること。
その利点を最大限に活かすために、手の位置よりは深くまで体を落とす!

床ギリギリまで落とすことによって、肩甲骨も自然と寄るので、なるべく下まで下げるのがポイント!

プッシュアップバーの目線の使い方

プッシュアップバーの目線の使い方

プッシュアップバーの使い方で目線の注意点をご存知ですか?
プッシュアップバーの目線の使い方は視線を前にすること!

プッシュアップバーの目線の使い方でやりがちなのは、下を向いてしまうこと!
下を向いてしまうと、体が丸まりやすくなる!

体のラインを保ってバランスよく負荷をかけるために体を上げる時も落とす時も常に前を向いて行うのがポイント!

-ダンベル, 筋トレグッズ

Copyright© 筋トレ&フィットネス図鑑 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.