おすすめスポーツ

ウォーキングの楽しみ方

投稿日:

ウォーキングの楽しみ方

運動不足を手軽に解消できる方法というのはいくつもあります。

その中でも特に手軽に取り入れられるのがウォーキングです。

ウォーキングは誰にでもとても手軽に取り入れることができるエクササイズとして、多くの方が実践しています。

歩くことならすでに毎日しているものですが、日常生活において歩いているのは距離が十分ではありません。

人は1日1万歩歩くのが理想的だといわれています。

しかし、個人差はありますが、日本人は1日に3000歩から6000歩ほどしか歩いていないといわれています。

毎日ウォーキングをする魅力

毎日ウォーキングをする魅力

毎日歩くことは、健康増進に置いて最も手軽な方法です。

今すぐにでもはじめることができます。

もちろん、専用のシューズなどがあれば歩きやすいですし、ウェアがあれば汗も吸収してくれて快適に歩くことができます。

しかし、基本的には専用のアイテムなどがなくても、とっても簡単に始められるのがウォーキングです。

ウォーキングは見栄えを良くすることはもちろん、特別な器具、場所も必要ではありません。

初心者が最も手軽に取り入れられるスポーツだといえるのです。

精神的な安定に

精神的な安定に

イライラした時や、なんだか嫌なことがあってむしゃくしゃしている時には、外に出て歩いてみてください。

そうすると落ち着いた気分になることができます。

では、歩いたくらいでどうしてそうなるのか、というとエクササイズというのは認知機能、そして気分の高揚にとても深く関連しているホルモンの生成を促進します。

心拍数を上げると、ストレスの多い状況によって脳が受けたダメージを回復させられます。

日中にデスクに座って仕事をするというのはとても大きなストレスになります。

そのため、間の昼休みに少しだけウォーキングするだけでもとても大きなリフレッシュ効果が得られるんですよ。

ウォーキングの認知症防止効果

ウォーキングの認知症防止効果

ウォーキングは認知症防止にとても有効であるといわれています。

脳の海馬と前頭前野というのは記憶を形成したり、複雑な思考に必要不可欠です。

この部分が衰えてしまうと、アルツハイマー病の発症の全長になる可能性があります。

肉体を使ったエクササイズによって呼応するのはこの部分であるということが研究によって発見されています。

ウォーキングによる強度が高ければ高いほど海馬、前頭前野のどちらにも整腸作用が高くなります。

こういったことからも、ウォーキングが認知症予防に高い効果を発揮するということがわかっているんですよ。

普段から人間関係などに悩んでいる人などは、リラックスした状態で目に入る樹木、花、小鳥のさえずりなどを体全体で感じてみましょう。

シェイプアップ効果

シェイプアップ効果

筋肉が引き締まるのもウォーキングの大きな魅力の1つです。

普段からデスクワークがメインで、ほとんど運動などをしていない人にとっては、おしりの筋肉がどんどん衰えていきます。

お尻が垂れ下がって、見た目がとても悪くなってしまいます。

ただ、だからといってランニングでは下半身の関節、筋肉への負担が大きくなってしまいます。

しかし、ウォーキングは無理のないエクササイズですので、初心者、関節炎などの症状がある人にもおすすめの運動です。

ウォーキングは骨粗しょう症の予防にも効果があるといわれていますので、高齢の方でも手軽に取り入れることができます。

関節炎の軽減

関節炎の軽減

関節に痛みがあるのであれば、関節を適度に動かすというのはとても重要なことです。

膝に痛みを感じる時にこそ、ウォーキングなどの軽い運動で、長時間歩いてみてください。

そうすることで、関節の痛みが軽減しますので、趣味としてウォーキングをすることで様々なメリットが得られるのです。

-おすすめスポーツ

Copyright© 筋トレ&フィットネス図鑑 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.